リースナブル

リースナブルのメリット・デメリットとは?|注目の新車リースを審査・評判まで徹底考察 

リースナブル

リースナブルとは?

 

リースナブルとは

 

リースナブルは、2001年に創業した車両小売会社「株式会社 三和(さんわ)サービス」が手掛ける、5年契約の新車リースプランです。

三和サービスグループは愛知県に拠点を構えており、リース事業のほかにも、主力としているオート事業に加え、海外事業・教育事業・人材事業・機械器具製造業と、幅広い分野に専門性を広げています。

リースナブルは、地元での基盤がしっかり確立された三和サービスグループのスケールメリットを背景に、破格のリース料をもってユーザーに利益を還元しています

ウェブサイトでは、リースと同時に自動車ローンでの金額も参照できるため、より自分の生活スタイルや資金繰りに適したプランを選ぶことができます。

 

ローンナブル

 

三和サービスの事業内容とは?
新車・中古車販売/注文販売/買取り/車検/修理・整備/鈑金・塗装/チューニング エアロパーツ/製造・販売/ドレスアップ/保険/リース/レンタカー/パーツ販売

 

代表的なリースプラン

リースナブルでは、ボディタイプ別に「月額8,000円~」「月額20,000円~」「月額30,000円~」の新車リースプラン(最安コース)が掲載されています。

軽自動車/コンパクトカー 

「月額8,000円~」

 

ミニバン/SUV/セダン 

「月額20,000円~」

 

商用車/商用バン 

「月額20,000円~」

 

輸入車

 「月額30,000円~」

 

この価格はボーナス払い込みのリース料となっていますが、完全な月々定額での料金(定額コース)も掲載されています。

また、最安コースと定額コースの中間に位置する「標準コース」もあります。最安コースに比べて、標準コースでは月々のリース料は高くなる反面、ボーナス払い時の負担は軽くなる設計となっています。

 

プラン一覧(クリックで拡大)

月額8,000円~月額8000円
月額20,000円~月額20,000円
月額20,000円~月額20,000円
月額30,000円~月額30,000円

 

リースナブルのリース料には、車両本体価格のほかに、新車登録費用・新車取得税・期間中の自動車税・期間中の重量税・期間中の自賠責保険料、そして車検費用がコミコミになっています。
リースナブルに含まれる費用

 

マイカーリースって何だろう?」という方は【マイカーリースのメリットとデメリット】の記事をご覧ください。

関連記事

近頃、TVのCMやニュースの記事で「カーリース」という言葉に触れたことはありませんか?「気にはなっていたけどよく分からない」という方も「そもそも聞いたことがない」という方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。カーリースとは「車=C[…]

カーリースとは?|新しい車選びのデメリットとメリットを徹底検証

 



リースナブルのサイトへはこちらから!

 


リースナブルのメリットとデメリット

メリットとデメリット

 

リースナブルのメリット

リースナブルが選ばれる8の理由

 

理由1タイトル理由1
理由2タイトル理由2
理由3タイトル理由3
理由4タイトル理由4
理由5タイトル理由5
理由6タイトル理由6
理由7タイトル理由7
理由8タイトル理由8

出典:リースナブル 公式ページ

 

 

5年リースでは業界トップクラスの安さ!

リースナブルでは、特にトヨタの高級車がおすすめの価格設定となっています。

同じ5年リースの「定額ニコノリパック」と比較してみます。

引き合いにする車種はトヨタの「アルファード X」です。(画像クリックで拡大)

 

リースナブルリースナブル アルファード
定額ニコノリパック定額ニコノリパック アルファード

 

参考に年2回のボーナス払い込みの条件で比べてみましょう。

リースナブルの最安コースは月額2万円(60ヵ月)で、ボーナス加算額は135957円(5年×2回の10ヵ月)となります。

よって総額は、20000×60+135957×10=2,559,570円(税込)が総コストとなります。

 

一方、ニコノリパックでは、月額32,400円(60ヵ月)で、ボーナス加算額は123,768円(5年×2回の10ヵ月)です。

よって総額は、32400×60+123768×10=3,181,680円(税込)が総コストとなります。

期間総額の差額でみると、実に 622,110円(税込)
さらにリースナブルのプランでは、純正ナビやバックカメラ、ETCまでコミコミになっていることを考えると、実質的な差額はもっと大きくなるでしょう。

いかにリースナブルが値引きと残価でユーザーの負担を抑えているかが分かります。

 

 オプショナルプランで、装備品もサクッと!

リースナブルでは、ディーラーオプションやメーカーオプションが細かく選択できない代わりに、一部の車種には主要な装備をパッケージにしたオプショナルプランが用意されています。

お手頃な定番オプションをまとめた「ベーシックプラン」と、より高機能高性能のオプションをパックにした「パーフェクトプラン」の2種類があります。

 

 

大手リース会社では取り扱っていない「輸入車」がリースできる!

リースナブルでは「メルセデスベンツ」と「BMW」という海外メーカーの車両をリースすることができます。

輸入車を新車でリースできるのは、ごく一部の会社に限られていますので、ご興味のある方はぜひ検討してみることをおすすめします。

 

 


リースナブルのデメリット

 

リース期間の選択肢が少なく、契約終了時に高額の精算が発生する可能性がある

リースナブルは5年リースのプランのみとなります。

昨今のトレンドは、違約金無しでの中途解約が可能な長期リース(7年~9年)が主流になっていますので、ほかのリース会社と比較検討がしづらいというデメリットがあります。

5年サイクルで乗り換えを検討する人向けのマイカーリースだと言えるでしょう。

また、契約終了後は「返却」か残価での「買取」となり、無償譲渡には非対応となっています。

契約終了時、下取り査定額が残価を下回った場合、ユーザーはその差額分を支払う必要があります。

リースナブルの月額走行距離の上限は、750km/月 という情報もありますので、超過した場合には、累積走行距離分だけでなく、その分下取り価格も低くなり、精算リスクも比例して高まることが懸念されます。

リースナブルの残価額は相当高額な設定になっているため、少しのキズや凹みでも、多額の精算が発生してしまうリスクが考えられます。

 

5

 

 

取り扱っているメーカーや車種には限りがある

2019年3月時点で、リースナブルの取り扱いメーカーは、国産では「トヨタ・マツダ・ニッサン・ホンダ・スズキ・ダイハツ」となっており、外車では「メルセデスベンツ・BMW」となっています。

車種についても、トヨタ以外のメーカーについては、一部の人気車および代表グレードのみ掲載対象となっています。

メリットの項目でも少し触れましたが、リースナブルの車種はトヨタ車がメインです。

トヨタの本拠地は三和サービスと同じ愛知県にありますが、県下有数の規模を誇る三和サービスだからこそ、トヨタとの間にグループ規模での強い繋がりがあり、高額の値引きや、高残価を設定できる根拠に結びついているのかもしれません。

 

取り扱い車種

 

 

ネットでディーラーオプションやメーカーオプションは細かく指定できない

 

リースナブルでは、ウェブページにおいて純正ナビや安全装備などを個別に選択することはできません。

 

申し込みの後に個別に相談することはできますが、”オプションを組み込んだ時のおおまかなリース料が知りたい”という方や、”ぜんぶウェブで完結させたい”という方はオリックス自動車のカーリース・オンラインなどを利用することをおすすめします。

 

カーリース・オンライン

 


リースナブルの口コミ評判をチェック!

 

リースナブルを契約した方のレビューはまだまだ出そろっていませんが、三和サービスの販売店「Duxy」に寄せられた声は好意的なものが多い印象を受けました。

特にアルファードやヴェルファイアなど、人気が高いものの敷居も高い車種について、手軽に乗ることができる点で評価されているようです。

口コミ

トヨタ C-HR
初めてネットで車を購入させてもらいました。初めてのことでとても不安でしたが、とても親身になり丁寧な対応して頂いたおかげで安心して購入することができました。ありがとうございます!!C-HR納車してから快適に過ごしています(’ω’)これからもお世話になると思いますがよろしくお願いします!!


トヨタ ヴォクシー
ネットで見つけ、家から近かったので見に行きました。旦那の休みが定まらず予約も出来ずに突然行ったのですがちゃんと対応してもらえました!!車も前車に比べとても広く、子供達もすごく喜んでいます。ありがとうございました。今後もよろしくお願いします!

口コミ

トヨタ ヴォクシー
購入前の相談から親身になってご対応いただきました。オプションのことや納車までの流れなどの疑問点に丁寧にお答えいただきました。また、子連れであったため、来店したときにいつもお菓子をいただいたこともありがたかったです。購入後の保証も充実しているので、長くお付き合いさせていただきたいと思います。


トヨタ ヴェルファイア
本日、待ち焦がれていた車が納車されました。こちらの無理な注文から担当者自ら四国の高知まで遠路はるばる届けていただきました。遠方ではありましたが、メールでの問合せも迅速で丁寧に対応していただき安心して本日の納車を迎えることができました。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

出典:グーネット ユーザーレビュー

 

 


カーリースの審査概要

 

審査概要

 

マイカーリースを契約するためには、リース会社による所定の審査に合格する必要があります。

審査の緩さ厳しさについては、明確な基準があるわけではありませんが、審査を判断する際にほとんどのカーリース会社が参考している情報があります。

それは大きく「個人情報」と「信用情報」の二つに分かれています。

 

個人情報とは、マイカーリースを申し込むときに、ネットでは審査フォーム、店舗では審査申込書に記載するような項目を指します。

氏名や住民票住所は個人情報に含まれますが、審査においてはそこまで重要ではありません。

重視されるのは「年収」「職業」「勤続年数」といった情報になります。

 

年収

概ね年収が200万円以上の人であれば、連帯保証人なしで審査に通る可能性が高いと言われています。

 

職業

アルバイトや派遣社員に比べると、正社員の審査通過率は高くなる傾向があります。

※大手のリース会社などでは、勤務先情報も必須になる場合あり。

 

勤続年数

勤続年数は「安定した収入が見込めるか」を判断するための情報となります。個人向けカーリースは数年間に渡る契約となるため、ユーザーが毎月のリース料をきちんと払える環境にあるかどうかは大きな指針となります。

概ね10年以上の勤続経験のある人ならば審査に通りやすいと言われています。

 

一方、信用情報とは、個人の「債務整理歴」のことを表します。

 

債務整理歴

リース会社は、クレジット取引に係る信用情報を収集・管理・提供・開示しているCICやJICCなどの「信用情報機関」に照会を掛け、申し込みをしてきた人が過去に公共料金の支払いを滞納をしていないか、借入金の返済を延滞していないか、破産していないかなどの情報を取得します。

ここで「リース料の支払い能力なし」もしくは「懸念あり」と判断されてしまうと、契約を断られたり、連帯保証人を付けての再審査を求められることになります。

 

 

自社やグループ内にクレジット機能を持たないカーリース会社は、個人情報や信用情報を管轄している機関に照会を掛けています。

代表的な機関としては、CICやJICCといった法人が挙げられます。

 

CIC(株式会社 シー・アイ・シー)

主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関

 

JICC(株式会社 日本信用情報機構)

主な事業はクレジットやローンの契約内容、返済状況等の「信用情報」の収集・提供・管理など

 

 

関連記事

カーリースの審査概要マイカーリースを契約するためには、リース会社による所定の審査に合格する必要があります。自動車リース取引においては、自動車自体が中古価値の見込める担保となります。そのため、万一ユーザーがリース料[…]

カーリースの審査

 

 


よくある質問を抜粋

よくある質問 Q&A

 

Q.1

リースナブル女子
記載の月額以外にも料金が発生するのでは?
所長
いいえ、発生いたしませんのでご安心ください。
但し、自賠責保険(強制保険)と別に加入される任意保険については、各保険会社とのご契約で別途費用が必要になります。
また、ガソリン代・オイルなどの各種消耗品費用や定期点検(任意)についてはお客様ご負担となります

 

Q.2

リースナブル女子
リース期間中に買取・解約する事は可能ですか?
所長
はい、可能でございます。
リースご解約の手続きは、リース会社窓口に直接ご連絡をいただくことになります

 

Q.3 

リースナブル女子
リース期間中に改造できますか?
所長
はい、可能です。
ただ、改造の内容によってはリース終了時の下取りの際、マイナスの査定となる場合がございますので予めご了承下さい。
お客様が買取される場合はもちろん問題ございません

 

Q.4 

リースナブル女子
リース期間中の取り扱い制限や注意点はありますか?
所長
転売することができません。
また、転居などでナンバー変更が必要な場合は、リース会社窓口にご連絡頂く必要がございます

 

Q.5

リースナブル女子
法人でも契約可能でしょうか?また社用車としての利用も可能でしょうか?
所長
はい、可能でございます
Q.6
リースナブル女子
車体のカラーは選べますか?
所長
はい、お選びいただけます

まとめ

  • リースナブルは特にトヨタの高級車を検討している方におすすめ!
  • 破格のリース料の裏に、高残価のリスクあり。契約終了時の精算には要注意!
  • 輸入車の新車リースを考えている方には非常におすすめ!



リースナブル公式サイトへはこちらから!


スポンサーリンク
>カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリース・ラボは多様化する車の乗り方の中からマイカーリースを中心に取り上げて、サービスの特徴を分かりやすく解説するポータルサイトです。
そのほか、おすすめのカーリース会社や人気車種をランキング形式でご紹介しています。

CTR IMG