直売カーセンサー

直売カーセンサーのリースプランを検証|カーセンサーが手掛けるカーリースの仕組みとは?

直売カーセンサー

直売カーセンサーとは?

直売カーセンサーは日本最大級の中古車情報サイト「カーセンサー」が運営する「自動車通販サイト」です。

Webサイトに掲載されている車を「購入(ローン)」と「リース」の二通りの方法で注文することができます。Web販売特有のメリットとして、24時間いつでも注文が可能で、契約に必要な書類も車も、すべて自宅まで届けてくれることが挙げられます。

購入については中古車のみが対象となりますが、リースは「新車リース」と「中古車リース」の両方について取り扱いがあります。

直売カーセンサーは、あくまでリース会社とリース契約希望者との間における自動車のリース契約締結の機会を提供する場ですので、実際のリース契約にあたっては、ユーザーとリース会社との個別契約になることについては、あらかじめ理解しておきましょう。

 

リースの流れ

出典:直売カーセンサー ショッピングガイド

 

サービス概要

直売カーセンサーのリースとは

 

①リース期間を選択
リースプラン選択
②リース審査を申し込み
リース審査申込み
③契約・納車
契約・納車

 

『直売カーセンサー』は、『カーセンサー.net』となにがちがうの?

「カーセンサーnet」は、株式会社リクルートが運営するインターネット上の中古車にかかる総合情報サイトです。
「直売カーセンサー」は、販売会社と中古車購入希望者との間における中古車の売買契約締結の機会を提供するサービスです。

 


カーセンサーの新車リース

カーセンサーの新車リース

直売カーセンサーの新車リースは「新車リース クルカ(株式会社ジョイカルジャパン)」との提携プランとなります。

ジョイカルジャパン(新車リース クルカ)
3.5

クルカ

クルカではアルファードやハリアー、ヴォクシーなどの厳選車種に月々定額で乗ることができます!短期間リースもおトク!

クルカでは1年リース・2年リース・3年リースの3通りのプランがありますが、カーセンサーに掲載されているリースプランは「3年リース」となっています。

カーセンサーでもリース期間の選択肢があり、制限走行距離についての説明のところで「期間走行距離は、3年契約の場合は36,000kmまで(月換算は1,000km)、1年契約の場合は24,000kmまで(月換算は2,000km)」という仕切りが明記されていますが、ほとんどの車種は「3年リースしか取り組みできない」ようですので注意が必要です。

新車リースの契約条件

契約条件頭金の有無
ボーナス月額加算額の有無無(有も選択可能)
リース料金に含まれる
税金・保険料
  • ・自動車取得税
  • ・重量税(リース期間分)
  • ・自賠責保険料(リース期間分)
  • ・軽自動車税(リース期間分)
残価設定の有無
終了時の車両取扱いお乗り換え または 返却
契約期間中の走行距離による
終了時の精算の有無
契約期間中の走行距離制限は、
3年契約の場合は36,000kmまで
(月換算は1,000km)
1年契約の場合は24,000kmまで
(月換算は2,000km)

  • ※リース期間満了時に制限走行距離を超過した場合(以降「超過距離」といいます)、超過走行料(超過走行料=(総走行距離-契約月間走行距離×リース期間)×10円)を請求させていただきます。

リース審査について

リース契約には、株式会社アプラスの審査が必要です。
審査結果は、電話またはメールにて株式会社ジョイカルジャパンから連絡が入ります。

>株式会社アプラスのHPはこちらから

 

関連記事

カーリースの審査概要マイカーリースを契約するためには、リース会社による所定の審査に合格する必要があります。自動車リース取引においては、自動車自体が中古価値の見込める担保となります。そのため、万一ユーザーがリース料[…]

カーリースの審査

 

カーセンサー新車リースのメリット

カーセンサー
新車リースのメリットデメリットについては、こちらの関連記事もご参照いただけます
関連記事

近頃、TVのCMやニュースの記事で「カーリース」という言葉に触れたことはありませんか?「気にはなっていたけどよく分からない」という方も「そもそも聞いたことがない」という方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。カーリースとは「車=C[…]

カーリースとは?|新しい車選びのデメリットとメリットを徹底検証

 

①初期費用・月々の支払い金額が抑えられる

カーセンサーの新車リースは頭金0円、購入時のように、最初にまとまった資金準備は必要ありません。

月々のお支払いは一定金額で、リース料に車の「維持費(毎年の自動車税の支払など)」が含まれているほか、車検前にリース契約が終了するため、乗り換えをするなら車検の手間も省くことができます。

 

②ユーザーの手間もかからず楽に車に乗れる

リース契約を締結した後についても、毎年忘れたころにやってくる自動車税などがリース料金に含まれているので、車にかかる税金や諸費用も含めてフラットにお支払いいただけます。

納付手続きなどの手間も不要です。

駐車場代やガソリン代などはユーザーの負担となりますが、毎月のリース料を支払うだけで、車両管理に係るほとんどの手間を省くことができます。

③クルカよりもリース料が安い

直売カーセンサーの新車リースとクルカの料金を比べてみると、税込時の価格について、若干カーセンサーの方が安く設定されています。

カーセンサーのリース料直売カーセンサー ハリアー
新車リースクルカのリース料新車リースクルカ ハリアー

トヨタ ハリアー2.0エレガンス 3年リースの場合

直売カーセンサー:月額30,000円(税込)

新車リースクルカ:月額32,184円(税込)

ただし、クルカについては本サイトでの契約だけの特典もあるため、一概に高値安値を断じることはできません。
また、クルカは「最低価格保証」を掲げているので、カーセンサーのリース料と合わせてもらうよう、交渉できる余地はあります。
クルカの特典クルカ特典

 


カーセンサー新車リースのデメリット

①契約期間が短期リース寄り

カーセンサーの新車リースは「3年リース」がデフォルトの設定となっています(1年リースもありますが、リース料はウェブ上では参照できません)

昨今のトレンドは、違約金無しでの中途解約が可能な長期リース(7年~11年)が主流になっていますので、ほかのリース会社と比較検討がしづらいというデメリットがあります。

1~3年サイクルで乗り換えを検討する人向けのマイカーリースだと言えるでしょう。

 

②ディーラーオプションやメーカーオプションは細かく指定できない

マイカー賃貸カルモでは、ウェブ見積りにおいて純正ナビや安全装備などの詳細オプション選択には対応していません。

申し込みの後に個別に相談することはできますが、”オプションを組み込んだ時のおおまかなリース料が知りたい”という方や、”ぜんぶウェブで完結させたい”という方はオリックス自動車のカーリース・オンラインnなどを利用することをおすすめします。

 

カーリース・オンライン

 

③違約金無しでの中途解約ができない

直売カーセンサーの新車リース(クルカ)は、基本的に途中解約はできません

やむを得ない理由が発生した場合は、契約した店舗に相談した上で、 そのまま途中解約をする場合は、解約時の精算や違約金が発生します。

解約時の精算や違約金の金額については、リースの条件やその時点での経過月数などによって変わります。

そのほかのリースプランとしては、オリックス自動車の「いまのりくん」は契約から2年で自由に解約と返却が選べるようになりますので、3年縛りが厳しい方はこちらを検討してみるのもよいでしょう。

 

関連記事

オリックス自動車が提供する個人向けカーリース「いまのりくん」「いまのりセブン」「いまのりナイン」について、サービスのメリットとデメリットから詳細な契約内容に至るまで、どこよりも詳しく解説していきます!「マイカーリース[…]

いまのり 

 


カーセンサーの中古車リース

カーセンサーの中古車リース

直売カーセンサーの中古車リースは、オリックス自動車の「ワンプライス中古車リース」と提携したプランとなります。

ワンプライス中古車リース(オリックス自動車)
5.0

ワンプライス中古車リース

お得で安心!オリックス自動車のワンプライス中古車リースMyCar。自社のリース、レンタカーアップ車両をメインに採用。1年間の保証付き。

新車リースと異なり、中古車リースについては、リース料が提携元と同額設定になっていることが特徴です。

リース契約終了時にそのまま車を無償譲渡してもらえる選択肢があったり、オリックスレンタカーを割引価格で利用できる特典が付いてくるなど、契約内容も「ワンプライス中古車リース」と同等になっています。

中古車リースの契約条件

契約条件頭金の有無
ボーナス月額加算額の有無
リース料金に含まれる
税金・保険料
  • ・重量税(リース期間分)
  • ・自賠責保険料(リース期間分)
  • ・自動車税(リース期間分)
残価設定の有無
終了時の車両取扱い無料譲渡 または 返却
契約期間中の走行距離による
終了時の精算の有無

中古車リースの審査

審査は「オリックス自動車」が行います。

公表されている情報によると、「個人信用情報を確認させていただき、オリックス自動車独自の基準にて、審査を実施しています」とだけ記載されています。

具体的な審査基準の詳細は非公開となっていますが、個人信用情報の概要については関連記事に記載しています。

 

関連記事

オリックスカーリースの審査概要マイカーリースを契約するためには、リース会社による所定の審査に通る必要があります。オリックスのカーリースも例外ではありません。公表されている情報によると、「個人信用情報を確認させていただき、[…]

オリックスの審査

 

カーセンサー中古車リースのメリット

カーセンサー
中古車リースのメリットデメリットについては、こちらの関連記事もご参照いただけます
関連記事

中古車リースならではのメリットを新車リースと比べながらご紹介します。いきなりですが質問です。皆さん、マイカーリースが「新車」だけのサービスだと思っていませんか?新車だけでなく「中古車」でもマイカーリースが組めることを[…]

チャート図

 

①契約終了後に車がもらえる

メリット①

全商品について、リース契約終了時に乗り慣れた車を自分のものにすることができます(ご返却いただく事も可能です)。

 

③諸費用はすべてリース料にコミコミ

ワンプライス中古車リース 特徴②

リース料は頭金なしの月々定額のお支払い。登録時の諸費用をはじめ、リース期間中の各種税金、自賠責保険料もコミコミなので、まとまったお金が必要になる事が少なく、生活費の計画が立てやすいと好評です。

 

③安心の車両品質と保証内容

全車に車両検査車両検査
  • 新車から管理してきた車両だから、自信を持ってお届け。
  • メーカー系ディーラーでも広く採用されている第三者機関による車両検査を全車実施。
  • 修復歴や機関部に問題のある車両は一切販売していない。
  • 事前に車両検査の結果を確認の上、ユーザーが納得してから契約するシステム。
  • 契約に至らなかった場合でもキャンセル費用なし。
  • 目立つ傷の補修や外装コーティング、内装クリーニングまで、納車前のケアも万全。

 

こだわりの仕上げ品質こだわりの車両品質
  • 納車日から1年間(走行距離は無制限)、消耗品を除くすべての部品を保証。
  • 一般的な中古車店の保証では対象外になる事の多い電装品ももちろん対象。
  • 消耗品(ワイパーブレード、バッテリー、ランプ他指定品目)も納車日から1カ月間保証。メーカー保証が残っている場合は保証継承も実施。ダブルの保証でさらに安心。

【保証内容】

納車日から1年間(走行距離は無制限)、消耗品を除くすべての部品を保証してくれます。

消耗品(ワイパーブレード、バッテリー、ランプ他指定品目)については納車日から1カ月間の保証となります。

 

 

④「ワンプライス中古車リース」よりも詳しい車両の情報が掲載されている

カーセンサーの中古車リースでは、各商品の説明ページにおいて、提携元となる「ワンプライス中古車リース」よりも詳しく車両の状態を確認することができます。

具体的には、ワンプライス中古車リースでは掲載されていない、車両の装備詳細などが挙げられます。

パワーステアリングやパワーウインドウの搭載是非などの情報は、ワンプライス中古車リースには掲載されていません。

装備仕様

 

「ワンプライス中古車リース」でも、商談の際、同じ内容が記載された「車両情報シート」を案内にしてもらえるため、実質的に条件は同じです。しかし、オンラインのみで参照可能という点において、カーセンサーの方が利便性が高いと言えるでしょう

 


カーセンサー中古車リースのデメリット

①メーカーオプションやディーラーオプションの設定ができない

中古車リースに共通するデメリットとして、在庫限りで替えが利かないことにより、カーナビやETCなどの後付けできる装備品を除いて、”メーカーオプションやディーラーオプションの設定ができない”という実情があります。

当然のことながらボディカラーも自由に選べません。

 

②掛かる金利の分だけ「購入時よりも総支払額が割高」になったり、中途解約や契約終了時に「損傷による違約金の請求」が発生する

基本的にリースは分割払いとなります。

昨今の傾向としては、リースの契約期間を長めに設定し、できるだけ月々の支払いを少ない額に設定するプランが主流になりつつありますが、

リース料金には車両の本体価格や新車登録の際の諸費用だけではなく、契約期間中に発生する自動車税、自動車重量税、自賠責保険料にも金利が掛かっているため、長期契約に比例して金利もその分上乗せされ、総額でみると購入よりやや割高になる可能性があります。

リース会社が提供するサービスの中には、あらかじめ設定していた残価を契約終了時にリース会社に支払うことで、そのまま車を買い取ることができるプランがありますが、こうした場合に割高になるケースが多いとされています。

 

③新車よりも耐用年数に難がある

カーセンサーの中古車リース(ワンプライス中古車リース)では、それほど古い年式の車は取り扱われていませんが、中には2世代前のモデルだったり、経年劣化によるキズ凹みが目立つものもあります。

ただし、メリットの項目でも挙げたように、直売カーセンサーのWebサイトでは、より詳しく車の状態を確認することができるため、車の状態について正しく把握した上で契約に臨むことができます。

 

関連記事

ワンプライス中古車リースMy Carとは?ワンプライス中古車リースMy Carはこんなリースプラン 解説「ワンプライス中古車リースMyCar」とは、オリックス自動車の自社サイト「カーリース・オンライン」で販売され[…]

ワンプライス中古車リースとは

 


カーセンサーのカーリース Q&A

 

Q.1

カーセンサー
リース車のナンバープレートは「わ」ナンバーですか?
所長
レンタカーのように「わ」ナンバーにはなりません。
また、お客様のご希望により希望ナンバーを取得することもできます。(希望ナンバーは別途有料となったり、ご自身でご準備いただく場合がございます。詳細はご契約時にリース会社へお問い合わせください)

Q.2

カーセンサー
自動車保険は、別途加入が必要ですか?
所長
リース契約には自賠責保険以外は付保されていませんので、万が一の場合に備えて自動車を購入された場合と同様に、お客様ご自身で車両保険付の自動車保険に加入されることをおすすめします。(詳細はリース会社までお問い合わせ下さい。)

Q.3 

カーセンサー
全国どこでも納車してもらえますか?
所長
一部離島地域に関しては、追加陸送費をいただく、もしくは納車対象外地域とさせていただく場合もございます。物件詳細画面をご確認いただくか、各リース会社にご確認ください

Q.4 

カーセンサー
審査の基準はどういった条件ですか?
所長
個人信用情報を確認させていただき、リース会社の基準にて、審査を実施しています

Q.5

カーセンサー
リース契約申込後のキャンセルはできますか?
所長
リース契約書の締結以前であれば、キャンセルが可能です。その場合、キャンセル料はかかりません。
(契約書の返送をもって、リース契約成立となります。これ以降のキャンセルは原則できません)

Q.6

カーセンサー
カー用品等の後付けは出来ますか?
所長
カー用品をお付けいただくことが可能です。但し、違法改造はできません。(但し、違法改造はできません)詳しくは、詳細画面、またはご契約時にリース会社へお問い合わせください

Q.7

カーセンサー
リース料のお支払いはどんな方法がありますか?
所長
口座振替もしくはクレジットカード支払いのいずれかになります。選択できるお支払い方法はリース会社によって異なります。詳細画面、もしくはご注文画面にてご確認ください

Q.8 

カーセンサー

契約期間中に住所など変更になった場合はどうすればいいでしょうか?

所長
新車リースについてはジョイカルジャパンに、中古車リースについてはオリックス自動車にご相談ください

Q.9

カーセンサー
契約終了の際は、どのようにすればよろしいでしょうか?
所長
リース契約終了に関するご案内は、契約終了日の約3~6ヶ月前にリース会社よりご連絡をいたします。 詳細につきましては、ご契約時に各リース会社へご確認ください

Q.10 

カーセンサー
契約終了の際、車両はどうなりますか?
所長

各物件詳細画面にてご確認ください

 

>出典:直売カーセンサー よくあるご質問

 

 


直売カーセンサーのページへはこちらから

 

 


 

スポンサーリンク
>カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリース・ラボは多様化する車の乗り方の中からマイカーリースを中心に取り上げて、サービスの特徴を分かりやすく解説するポータルサイトです。
そのほか、おすすめのカーリース会社や人気車種をランキング形式でご紹介しています。

CTR IMG