カーコンカーリース

カーコンビニ倶楽部のマイカーリース「もろコミ」について解説

カーコンカーリース

カーコンカーリース「もろコミ」について

カーコンカーリース「もろコミ」はカーコンビニ倶楽部が手掛ける「個人向けマイカーリース」です。

頭金0円、車検基本料金や自動車税込みで、新車の軽自動車に月々8,000円から乗ることができます。

7年リースの「もろコミ7」、9年リースの「もろコミ9」は、月間走行距離の上限が月1,500kmで、契約から2年で車の乗り換えや返却が可能となります。

3年リースの「もろコミ+3」、5年リースの「もろコミ+5」は、月間走行距離の上限が月1,500kmで、中途解約は不可である代わりに残価が高めに設定されており、月々のリース料が抑えられています。

 

もろコミのおすすめポイント

メリット

 

契約終了時に車がもらえる!(もろコミ7・もろコミ9)

「もろコミ9」は9年間の契約で、7年経過以降は解約金なしで「乗り換え」か「返却」かを選ぶことができます。

9年後は車検を無料で受けて、そのまま継続してクルマに乗ることができます。

「もろコミ7」は7年間の契約で、5年経過以降は解約金なしで「乗り換え」か「返却」かを選ぶことができます。

 

 自由に好きな新車が選べる!

もろコミでは、国産全メーカー、グレード、カラー、オプションから新車を選べるので、今一番気になっている車や、好きな車に乗る事ができます。

 

車検無料クーポンが付いてくる!

契約期間中の車検を無料で受けられるクーポンを特典としてもらうことができます。
なお、車検クーポンは基本工賃その他、所定のサービスが対象となります。

無料となるサービス内容
基本点検整備費用(総合検査料・代行料・印紙代)

もろコミで注意すべきポイント

デメリット

 

現金での一括購入より割高になる可能性がある!

基本的にリースは分割払いとなります。

昨今の傾向としては、リースの契約期間を長めに設定し、できるだけ月々の支払いを少ない額に設定するプランが主流になりつつありますが、

リース料金には車両の本体価格や新車登録の際の諸費用だけではなく、契約期間中に発生する自動車税、自動車重量税、自賠責保険料にも金利が掛かっているため、長期契約に比例して金利もその分上乗せされ、総額でみると購入よりやや割高になる可能性があります。

リース会社が提供するサービスの中には、あらかじめ設定していた残価を契約終了時にリース会社に支払うことで、そのまま車を買い取ることができるプランがありますが、こうした場合に割高になるケースが多いとされています。

中途解約をすると違約金が発生!

リースの原則は「ノンキャンセラブル」。中途解約はできないものと考えてください。

リース契約をユーザー本位で自由に解約できるとなると、実際に車を購入したリース会社は元本を回収できず損害を被ることになってしまいます。リース会社はディーラから車を購入した「消費者」でもあり、消費者保護の観点からこうした措置が取られているのです。

万が一事故を起こしてしまい車が破損して乗れなくなった場合にも、解約時には違約金が発生し、多額の負債を背負うことになってしまいます。自賠責保険は強制保険となりますが、人身に関わる大きな事故の場合には損害を補償しきれない可能性が高いため、任意保険も併せて加入しておくことを強くお勧めします。

ウェブで見積りできる車種は限定的!

カルモの商品は国産全メーカー・全グレード対応ですが、Web見積りにおいては一部の車種のみの掲載となり、また純正ナビや安全装備などの詳細オプション選択には対応していません。

申し込みの後に個別に相談することはできますが、”オプションを組み込んだ時のおおまかなリース料が知りたい”という方や、”ぜんぶウェブで完結させたい”という方はオリックス自動車のカーリース・オンラインを利用することをおすすめします。

 

カーリース・オンライン

 

 


 

カーコンカーリース

「もろこみ」カーコンカーリースへはこちらから!

 

>カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリース・ラボは多様化する車の乗り方の中からマイカーリースを中心に取り上げて、サービスの特徴を分かりやすく解説するポータルサイトです。
そのほか、おすすめのカーリース会社や人気車種をランキング形式でご紹介しています。

CTR IMG