トヨタのヴィッツが2020年にフルモデルチェンジ|海外名「ヤリス」で統一、世界最高峰の次世代コンパクトカー目指す

ヤリス

10月16日、トヨタ自動車は小型車「ヤリス」を来年2月中旬に発売すると発表しました。

これまでは「ヴィッツ」という名称で親しまれてきましたが、今回の全面改良により、欧州での名称「ヤリス」へと統一されることになりました。

公式の発表によれば、今後トヨタの先進国向けコンパクトカーのベースとなるTNGA*1プラットフォーム(GA-B)を初採用したほか、エンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッション、サスペンションなど、すべてをゼロベースから作り上げた、新世代コンパクトカーと銘打たれています。

日本での発売は2020年2月中旬を予定しており、ヤリスは、東京モーターショー期間中、お台場のヴィーナスフォートに展示するほか、10月末から12月にかけ、全国各地で展示予定とのことです。

 

>出典:トヨタ自動車 グローバルニュースルーム TOYOTA、新型車ヤリスを世界初公開

>カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリース・ラボは多様化する車の乗り方の中からマイカーリースを中心に取り上げて、サービスの特徴を分かりやすく解説するポータルサイトです。
そのほか、おすすめのカーリース会社や人気車種をランキング形式でご紹介しています。

CTR IMG