ドライブレコーダー再び話題に|疑似監視システムの到来は否定できるか

ドライブレコーダー

 

茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件の余波なのか。

全国のカー用品店で、ドライブレコーダーが飛ぶように売れているという。一部のモデルは既に品切れ状態、車両前後を録画する2カメラモデルが主流だが、車室内を含む全方位録画が可能な360度タイプも人気が上昇傾向にある。

市民が自分の車にドライブレコーダーを取り付ける目的としては、「事故防止」という観念がそのほとんどを占めているだろう。

しかし、今やドライブレコーダーは「事故」だけでなく、「事件」を捉える人工の”眼”となりつつある。

最近の事例でいうなら、 元「モーニング娘。」の吉澤ひとみさんが飲酒運転で逮捕された事件が記憶に新しい。

あの事件で、引き逃げの決定的な証拠となったのは、警察の”聞き込み”ではなく、一件の”タレコミ”だった。

駐車中のトラックに備え付けられていたドライブレコーダーが、偶然にも事故の瞬間を記録しており、その映像がメディアに売り渡されたことが契機となったのである。

無論、業務用に撮影された映像を勝手に売買することは許されない。トラック運転手も責任を問われることになり、被害者も含め、関わった者全員が不幸になるという、何とも後味の悪い事件だった。

ドライブレコーダーの機能は年々改良されてきており、車のエンジンを切っている時も録画を行うことのできるモデルもある。

もはやドライブレコーダーは、民間の監視カメラとして機能する条件を十分に満たしていると考えられる。

先ほどのひき逃げ事件のように、録画された映像が犯罪捜査の証拠となることもあれば、あまりにも鮮明な動画だったとして、軽い気持ちでインターネットに上げたことにより録画された人物の身元が特定されてしまい、肖像権の侵害や、そのほかの予期せぬ事態が引き起こされる、といった懸念も生じてくる。

映像は情報の宝庫だ。

周囲の景色だけでは分からなくても、映り込んでいる車のナンバープレートをいくつか分析し、他県からやってきていると思しき車(運送用のトラックなど)を除外していけば、おおよその地域が絞られる。

そして、映像にチェーン店以外の店舗や会社、屋号が確認できる物件が映っていたならば、地域情報との擦り合わせだけでほぼ住所は特定できるだろう。

後は録画されている人物の性別や顔、体格、持ち物、着ているもの、その場所を通りかかった時間(ドライブレコーダーに記録されていれば)など、複数の条件を統合することで、おおまかなパーソナリティを絞り込んでいく。

学生服ならば、それだけでどの学校か当たりを付けることもでき、時間帯が比較的遅く、部活道具を持っていたならば、次週の同じ曜日同じ時間帯にその場所を通りかかる可能性が高い。部活道具ではなく、大きめの鞄などであれば予備校などが想定される。

インターネット動画との接触がもはや当たり前になりつつあるこの時代で、ドライブレコーダーに課されるモラルや責任とは何なのか。今一度、考え直す必要があるのではないか。

 

 

今この瞬間にも、あなたの姿が撮影されているかもしれない。

 

 

 

 

>カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリース・ラボは多様化する車の乗り方の中からマイカーリースを中心に取り上げて、サービスの特徴を分かりやすく解説するポータルサイトです。
そのほか、おすすめのカーリース会社や人気車種をランキング形式でご紹介しています。

CTR IMG