第46回東京モーターショー2019の開催概要が発表、コンセプトは「OPEN FUTURE」

2019東京モーターショー

 

7月30日(火)、一般社団法人日本自動車工業会は、今秋開催予定の「東京モーターショー2019」の概要を発表しました。

第46回東京モーターショー2019は、2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)まで、12日間の開催となります。

公式サイトでは、コンセプトを「OPEN FUTURE」と銘打ち、「クルマ・バイク本来の楽しさ」と「未来のモビリティ社会」を感じていただける、東京ならではの新たなモーターショーを開催するとの宣言がされています。

TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

東京モーターショー,TOKYO MOTOR SHOW,TMS…

アウディやフォルクスワーゲン(VW)などの人気独メーカーは出展見送りとなり、海外自動車メーカーの参加は独メルセデス・ベンツ、仏ルノーなど数ブランドにとどまる見込みです。

前売入場券のオンライン販売は8月1日からとなっています。

 

カーリース・ラボ所長

カーリース・ラボは10月23日(水)、10月24日(木) のプレスデーに参加します。

当日は最速レポートをご案内させていただく予定ですので、お楽しみに!

 

開催概要

日程

2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝) 計12日間

場所

青海エリア~OPEN ROAD~有明エリア
(東京ビッグサイト青海・西・南展示棟/MEGA WEB/シンボルプロムナード公園/DRIVE PARK)

アクセスマップ

 

DRIVE PARK(無料エリア) ※試乗・同乗体験は要チケット

「クルマ・バイク本来の楽しさ」体感エリア
クルマ・バイク好きの方もそうでない方も、クルマやバイクが持つ本来の楽しさ、ワクワクドキドキを感じていただけるエリアです。

  • 最新の四輪・二輪車両の試乗体験やステージイベント・デモランなどを実施
  • 東京オートサロン、モータースポーツジャパンとも連携
  • 国内初!FAI公認(予定)ドローンレース開催
    世界トップクラス選手が暗闇のコースを猛スピードで競い合います

イメージ1

 

OPEN ROAD(無料エリア)※試乗体験は要チケット

イメージ2

青海と有明を結ぶ全長1.5kmにわたるモーターショーのシンボルロード「OPEN ROAD」。最新の 小型モビリティに乗ったり、普段見ることのできない陸・海・空、様々なモビリティをご覧いただけます。

 

FUTURE EXPO(無料エリア)

イメージ3

MEGA WEB会場で開催する「FUTURE EXPO」では、近未来の一日を体験いただきます。NTT、パナソニック、NEC、富士通をはじめとするオリンピック・パラリンピック等経済界協議会の企業など、61社の企業・団体が参加。先進のテクノロジーやサービスの展示や試乗など100以上の展示で未来の暮らしを感じていただけます。

 

出展:10月24日(木)開幕!東京モーターショーが変わる!業界の枠を越え、オールインダストリーで未来を開く新たなモーターショーの幕開け | TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

 


 

>カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリース・ラボは多様化する車の乗り方の中からマイカーリースを中心に取り上げて、サービスの特徴を分かりやすく解説するポータルサイトです。
そのほか、おすすめのカーリース会社や人気車種をランキング形式でご紹介しています。

CTR IMG