経済産業省、サポカー補助金の申請を3月9日より受付開始とすることを発表|カーリースや残価設定型クレジットも補助金対象

サポカー補助金

 

2020年3月3日、経済産業省より「サポカー補助金」の申請受付を3月9日より開始するとの発表が行われました。

サポカーとは、一点の安全性が確保されていると政府によって判断された車種のことを指し、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した車(安全運転サポート車)を「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」、衝突被害軽減ブレーキを搭載した車を「セーフティ・サポートカー(サポカー)」として呼び表しています。

そしてこの度、令和元年度中に満65歳以上となる高齢運転者でサポカーの使用者であれば、一定の条件下で国から補助金を受給できる「サポカー補助金」の制度が施行されました。

 

「サポカー補助金」とは
「サポカー補助金」とは、経済産業省による自家用自動車を対象とした「安全運転サポート車普及促進事業費補助金」及び国土交通省による事業用自動車を対象とした「安全運転サポート車普及促進に係る自動車事故対策費補助金」の総称です。「サポカー補助金」は、“安全運転サポート車の車両(新車・中古車)購入補助 と “後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置” 導入補助の2種類の補助制度で構成されます。

出展:サポカー補助金のご案内_サポカー補助金_サポカー補助金交付を行う次世代自動車振興センター

 

補助金の対象となるのは、3月9日以降に登録された中古車と、昨年12月23日以降に登録された新車のうち、国が指定した車種となります。

※対象車種の確認はこちらから

 

補助金の額は、安全装備の内容によって差が設けられており、2万円~10万円となっています。

そのほかにも、補助金の規定は、後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置にも適用されることが明らかになっています。

一例として、補助対象車両が中古車で、後付けペダル踏み間違い急発進等抑制装置(障害物検知機能付)を購入した場合の補助上限額は 2 万円となります。

 

サポカー補助金は、リースや残価設定型クレジットで契約した車両であっても、契約者(使用者)が 65 歳以上であれば自家用自動車・事業用自動車ともに対象となります。

申請は、新車や中古車の車検証上における使用者が行うことが義務付けられているため、マイカーリースの場合は契約者個人が申請手続きをしなければならないことには注意が必要です

 

サポカー・サポカーS(安全運転サポート車)のWEBサイト

サポカーのオフィシャルサイトです。衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置等の搭載車に「セーフティ・サポート…

>カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリースナビゲーター「CAR LAESE LAB.」

カーリース・ラボは多様化する車の乗り方の中からマイカーリースを中心に取り上げて、サービスの特徴を分かりやすく解説するポータルサイトです。
そのほか、おすすめのカーリース会社や人気車種をランキング形式でご紹介しています。

CTR IMG